グランビルの法則(FX,為替)

グランビルの法則とは アメリカの有名な投資分析家のジョセフ・E・グランビルが1960年に考案した法則を「グランビルの法則」と言います。 この「グランビルの法則」は移動平均線を使うチャート分析の基本として、現在でも世界中のトレーダーにより学ばれています。   グランビルの法則は簡潔に言うと「移動平均線に基づいてトレードする際に、8つの売買ポイントが存在する」という事です。 この8つの売買ポイントは、買いポイントが4つ、売りポイント4つの計8つの法則から成り、それぞれ相場の値動きと移動平均線の動き方で買い相場と売り相場を探す手がかりとなります。… 続きを読む
Share
1 2 3 63