ポジションと決済(FX、為替)

ポジションと決済 ポジションとは、外貨の持ち高(残高)の事を言います。決済して利益や損失が確定する前の状態の事を言います。 決済とは、利益確定か損切りで取引を終了することです。 買いポジションと売りポジション FXで為替差益を得る為には、通貨を「買ってから売る」パターンと「売ってから買い戻す」パターンがあります。 例えば、100万円で1万ドル(米)買った状態の事を「買いポジション」(=ロングポジション)と言います。この場合は、1万ドル(米)のロングポジションと言います。… 続きを読む
Share

ストキャスティクス(FX,為替)

ストキャスティックスとは!?   【ストキャスティクスとは?】 ストキャスティクス(Stochastic)は、1950年代に「ジョージ・レーン氏」によって開発されたテクニカル指標で、国内では株式投資でもFX投資でもよく利用されるオシレーター系の指標となっています。 ストキャスティックスの応用や使い方を紹介したいと思います。  … 続きを読む
Share

ボリンジャーバンド(FX,為替)

ボリンジャーバンドとは!? ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことをいいます。   1980年ころにジョン・ボリンジャー氏が考案した指標で、「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標のひとつです。    … 続きを読む
Share

ロスカット(FX,為替)

ロスカットとは マージンコールが発生しているにも関わらず、こちらが何もせず、さらに損が拡大した場合は「ロスカット」が行われます。 顧客の意志に関わらず、取引(ポジション)は自動的に決済されます。つまり、強制的に反対売買されます。 ロスカットレベルはFX証券会社によって異なっています。 例えば、あるFX証券会社では顧客が30%、40%、50%の中から自分でロスカットレベルを設定できる様になっています。 この時、ロスカットレベルを30%以下に設定した場合、仮に1万米ドルのポジションを持つのに必要な証拠金が10万とすると、純資産評価額が3万円(10万円×30%)を割り込んだ時点で強制決済となります。… 続きを読む
Share

マージンコール(FX,為替)

マージンコールとは FXは「外国為替証拠金取引」の名の通り、預けたお金が「証拠金(担保)」として取り扱われます。 これが外貨預金などとは大きく違うところです。 そして、各FX証券会社では、口座にある証拠金以上に損失が発生しないよう「マージンコール」(追証)や「ロスカット」(強制決済)といった、投資家を保護するための仕組みを設けています。 まず、「マージンコール」は、証拠金に一定の損失が発生した場合、FX証券会社が顧客に対して知らせるものです。 今の段階では市場から「退場」にはならないけど、「危ないよ」というサインです。イエローカードみたいなものです。… 続きを読む
Share
1 28 29 30 31