脳は1つでも「自分」は2人いる(意志力)

脳は1つでも「自分」は2人 意志力が働かない時(浪費したり、食べ過ぎたり、時間を浪費したり、カッとなったり)は、自分の脳には前頭前皮質なんて無いんじゃないかと、疑いたくなるかも知れません。 勿論、誘惑に打ち勝つ事も不可能では無いでしょうが、必ずしもできる保証はありません。 面倒だから明日にしたい事を今日中に片づける事だって、できなくはないですが、大抵は明日になってしまいます。   この何とももどかしい有り様には、人類の進化の仕方が大いに影響しています。… 続きを読む
Share

前頭前皮質があなたをコントロールする(意志力)

前頭前皮質があなたをコントロール 現代の私達が持っている意志力は、大昔の人間達が仲間とうまく付き合い、親やパートナーとしてやっていく為に、必要に迫られて身に付けた能力です。 しかし、その為に人間の脳はどのように進化したのでしょうか? その答えは、前頭前皮質、つまり、ちょうど額と目の後ろに位置する脳の領域の発達にあるようです。   進化の歴史が始まって以来、前頭前皮質の主な役割は体の動きをコントロールする事でした。… 続きを読む
Share

出世も勉強も寿命も「意志力」(意志力)

出世・勉強・寿命は全て意志力で決まる 意志力は誰にでも生まれつき備わっているはずですが、中にはとりわけ意志力の強い人もいます。 注意力や感情や行動をうまくコントロールできる人は、色々な点で優れている様です。 まず、何といっても健康で幸せです。パートナーとの関係も良好で長続きします。 収入も高く、出世します。ストレスや争い事があってもうまく乗り切り、逆境にもめげません。 更には、寿命も長いのです。… 続きを読む
Share

やる力・やらない力・望む力(意志力)

潜在能力を引き出す3つの力 意志力を要する事と言えば、真っ先に思い浮かぶモノは何でしょうか? 大抵の人にとって、意志力が試される典型的なケースは、誘惑に打ち勝つ事でしょう。   例えば、ドーナツやタバコやクリアランスセール、あるいは、一夜限りの恋など、あなたを誘惑するものは様々です。 そんな場面で問われるのは「やらない力」です。… 続きを読む
Share

「自分はどう失敗するのか」を知る(意志力)

自分はどう失敗する? 人間は皆、長い人生の中で必ず一度は失敗すると思います。 例えば、ダイエットが続かなかったとか、筋トレが続かなかった、禁煙ができなかった等も失敗の内の1つです。 「やるべき事は分かっているはずなのに、なぜいつまでもできないのか?」 「失敗」という事に対しては、ここが味噌だと思います。 人間は自然と楽な道、得な道を選んでしまう生き物です。… 続きを読む
Share

FXの世界は予想が当たらなくても稼げる(FX,為替)

「予想」は立ち位置の確認 FXは予想を当てないと稼げないと思っている人が多いです。 逆に、当てれても稼げてない人は腐る程います。 FXは予想を当てる事と稼ぐ事は、全くと言っていいほど別問題だったりします。   予想はあくまで予想であり、相場対する自分の立ち位置の確認に過ぎません。… 続きを読む
Share

テクニカル分析はFXの必須科目(FX,為替)

テクニカル分析の勉強は怠るな 現在、9年ぐらいFXに携わっていますが、色々な人を見てきて、負けている個人投資家は特にテクニカル分析の勉強を怠っているケースが多いです。   使う使わないは別として、一通り勉強して相場に臨むのと、そうでないのとでは大きく違います。 なぜなら、相場に参加している大多数の人がそれを意識してトレードしているからです。  … 続きを読む
Share

損切りと利益確定はどう考える?(FX,為替)

「損小利大」とマネーマネジメント 相場の王道と言われるものに「損小利大の大原則」があります。 損失は小さい内に切って、利益は大きく伸ばすのが良いという事です。   分かっていても、実際にこれを実践するのは大変です。 何度か痛い目を見ないとなかなか実行できません。… 続きを読む
Share
1 39 40 41 42 43 61