グランビルの法則(FX,為替)

グランビルの法則とは アメリカの有名な投資分析家のジョセフ・E・グランビルが1960年に考案した法則を「グランビルの法則」と言います。 この「グランビルの法則」は移動平均線を使うチャート分析の基本として、現在でも世界中のトレーダーにより学ばれています。   グランビルの法則は簡潔に言うと「移動平均線に基づいてトレードする際に、8つの売買ポイントが存在する」という事です。 この8つの売買ポイントは、買いポイントが4つ、売りポイント4つの計8つの法則から成り、それぞれ相場の値動きと移動平均線の動き方で買い相場と売り相場を探す手がかりとなります。… 続きを読む
Share

フォーメーション(FX,為替)

FXでのフォーメーションとは FXのチャートの中に、フォーメーションとも言える形取った数種類のパターンがあります。 これを知っておくと、上がる理由・下がる理由という根拠の幅が広がります。   このフォーメーションは大きく分けて2種類あり、リバーサルパターンとコンティニュエイションパターンの2種類があります。 リバーサルパターン… 続きを読む
Share

一目均衡表とは?

プロトレーダーにも大人気!?「一目均衡表」とは?   一目均衡表とは 時間の流れを軸として、相場のバランスを重視している指標 です。日本人のトレーダーが、7年をかけて完成させ、現在では多くのプロトレーダーから支持されている確固たる実績を持つテクニカル分析のひとつです。 上のチャートのようにローソク足に対して「先行スパン1、先行スパン2、遅行スパン」が振り分けられており、それぞれが緻密な計算式で算出されています。 複雑にも見える一目均衡表ですが、“一目”(ひとめ)でわかるから”一目”(いちもく)と言う単語が使われているんですね。 でもどこを見ればええねん!?… 続きを読む
Share
1 42 43 44 45 46 56