FXのデメリット(FX,為替)

為替変動のリスク 通過を取引する際、自分が持っている通貨が高くなっていれば、為替差益を得る事ができます。逆に、安くなっていれば為替差損を被ることになります。 例えば、為替レートが1ドル(米)100円の時に、10万円分の米ドル(1,000ドル(米))を買ったとします。これ円に戻す際、為替レートが1ドル(米)90円になっていると取引しても9万円にしかなりません。 ここで1万円の為替差損が生まれます。 レバレッジによるリスク 少額の証拠金でも、数倍~数百倍のレバレッジをかけて、大きな取引ができるのがFXのメリットの1つですが、為替差益がレバレッジ分倍増する様に、為替差損も同じように倍増していきます。… 続きを読む
Share

ファンダメンタルズ分析(FX,為替)

ファンダメンタルズ分析とは ファンダメンタルズ分析とは経済の基礎的要因を分析する事で、相場の方向性を予測する手法です。ファンダメンタルズ分析と対照的なテクニカル分析があります。 FXにおけるファンダメンタルズ分析とは、各国経済指標や各国政策金利動向、各国要人の発言などが挙げられ、短期トレードには向かず中長期的なトレードに適した分析方法と言われています。 毎日発表される経済指標の良し悪しでトレードをするのもファンダメンタルズ分析ではないのかと言われそうですが、ファンダメンタルズ分析とは異なります。ファンダメンタルズ分析とは一つの指標で判断するのではなく、あらゆる分野の指標結果をもとに、今後どういう方向に向かいそうだと予測するものなので、指標結果だけを見てトレードをするのは指標トレードと言えます。 様々な経済要因を見極める必要があるので、高度な知識と見解が必要となる割には、即効性に欠けますので、トレード主体の方はテクニカル分析を勉強した方が良いと思います。 この様な経済指標カレンダーもあるので、こちらを見れば、いつ何の経済指標があるのか分かるので、活用して分析できますね。因みに、重要度の☆の数が多い経済指標が重要な経済指標となり、ボラティリティがある相場になりやすいです。… 続きを読む
Share

FXのメリット(FX,為替)

取引手数料が低コスト 外貨を取引する際に、取引会社に支払う手数料の事を取引手数料と言います。 通常、外貨預金では、手数料が1ドル(米)あたり1円に対して、FXの取引手数料は無料に設定しているFX証券会社が多く見られます。(取引手数料は、FX証券会社によって異なります) スプレッドを含めても、1ドル(米)あたりの手数料は1銭~10銭程度で、他の外貨投資に比べてかなり安いです。 株と比べてローリスク FXは、株と比べて為替の値動きが小さいのが特徴です。つまり、株と比べてローリスクです。… 続きを読む
Share

取引時間

FXの取引時間は? 外貨預金や外貨MMFの取引は、その金融機関の営業時間中にしか購入も解約も受け付けてくれないところが多い(ネット銀行には、24時間受け付けてくれるところもある)です。  しかし、為替相場自体は、土日や休日を除く1日24時間、世界中のどこかでマーケットが開いています。 言い換えると、日本の金融機関の営業時間外に、突発的な事件や事故が起きて、為替市場が大きく動く可能性があります。 そんな時、営業時間中しか取引できないと、爪を噛んで取引開始時間を待つしかありません。  FXなら、インターネットで24時間いつでもリアルタイムのレートで取引する事ができます。… 続きを読む
Share

通貨ペア(FX、為替)

通貨ペアとは FXには通貨ペアというものがあります。 株で言えば、トヨタ・キャノンなど様々な銘柄があります。 これに当たるのが、FXで言えば通貨ペアということです。 ただ、通貨ペアは通常2つの通貨を「/」(スラッシュ)で区切って表しています。 ここが株の銘柄と違う所です。… 続きを読む
Share
1 70 71 72 73 74