ロスカット(FX,為替)

ロスカットとは マージンコールが発生しているにも関わらず、こちらが何もせず、さらに損が拡大した場合は「ロスカット」が行われます。 顧客の意志に関わらず、取引(ポジション)は自動的に決済されます。つまり、強制的に反対売買されます。 ロスカットレベルはFX証券会社によって異なっています。 例えば、あるFX証券会社では顧客が30%、40%、50%の中から自分でロスカットレベルを設定できる様になっています。 この時、ロスカットレベルを30%以下に設定した場合、仮に1万米ドルのポジションを持つのに必要な証拠金が10万とすると、純資産評価額が3万円(10万円×30%)を割り込んだ時点で強制決済となります。… 続きを読む
Share

マージンコール(FX,為替)

マージンコールとは FXは「外国為替証拠金取引」の名の通り、預けたお金が「証拠金(担保)」として取り扱われます。 これが外貨預金などとは大きく違うところです。 そして、各FX証券会社では、口座にある証拠金以上に損失が発生しないよう「マージンコール」(追証)や「ロスカット」(強制決済)といった、投資家を保護するための仕組みを設けています。 まず、「マージンコール」は、証拠金に一定の損失が発生した場合、FX証券会社が顧客に対して知らせるものです。 今の段階では市場から「退場」にはならないけど、「危ないよ」というサインです。イエローカードみたいなものです。… 続きを読む
Share

サポートライン、レジスタンスラインとは!?(FX,為替)

サポートラインとは!?   サポートラインとは、日本語で下値支持線といいます。 安値圏、底値圏で下落を支えている価格帯が、サポートラインです。 安値圏、底値圏の判断は、サイクル理論で行えます。 サポートラインは、何度か跳ね返されて、大勢の投資家が意識しているポイントです。… 続きを読む
Share

テクニカル分析とは!?(FX,為替)

テクニカル分析とは!?   テクニカル分析(Technical Analysis)は、為替相場をチャート(グラフ)を元に分析する手法になります。 ファンダメンタルズ分析というものがあるのですが、経済統計、経済情勢などから判断して、分析を行います。 これについては別記事で書きます。… 続きを読む
Share

レバレッジ(FX,為替)

レバレッジとは FXは少ない資金で大きなお金を動かすことができます。 FX=外国為替証拠金取引は、その名の通り通貨を「証拠金取引(保証金取引)」するものです。 一定額を証拠金(保証金)、つまり担保として預ける事で、その何倍もの資金の取引ができる信用が与えられるのです。 この様に、少ない資金で大きな額の取引ができる事を「レバレッジ効果」と言います。 ちなみに、レバレッジとは「テコ」という意味です。… 続きを読む
Share

スワップポイント(金利、FX,為替)

スワップポイント(金利)とは スワップは「交換」のことです。FXでスワップ金利と言えば、2つの通貨の金利差ことです。 注意することは、スワップ金利は、より金利の低い通貨を売って、より金利の高い通貨を買った時に受け取れるということ。 仮に豪ドルの金利が年4.5%で、日本円の金利が年0.1%だったと仮定します。 豪ドルの方が金利が高い為、この条件で円を売って、豪ドルを買ったとすると、円と豪ドルの為替レートが変動しなかったら、年間約4.4%のスワップ金利を得ることが出来る。 逆にこの条件で、豪ドルを売って、円を買う取引から入り、為替レートが変動しなかった場合、年間約4.4%のスワップ金利を支払う事になります。… 続きを読む
Share
1 41 42 43