サイクル理論③ トランスレーション編

  
LINE@でトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
LINE@登録をすると、LINE@登録者限定で、私のトレードの基盤となる、サイクル理論のレポートを無料でプレゼントしています!
LINE@で質問等も承っております。

FX NのLINE@登録はコチラ

  
無料メルマガでトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
無料メルマガ登録者限定で、お金稼ぎについてのレポートをプレゼントしています!

◆無料メルマガ登録はコチラ


※LINE@とメルマガのレポートは別物になるので、 2つとも受け取って下さいね!


Twitterで相場の事などツイートしているので、フォローお願いします。

◆フォローはコチラ




CMCでも未公開の天井・底シグナルは手に入れましたか?

  私の手法のレポートは手に入れましたか?

  ブログを読んで頂いてる方には、是非読んで頂きたいです。

  その方が、ブログもより確実に理解できますし、確実にトレードスキルも向上します!

  ブログを読んで理解できないことがなくなるはずです!

  理解できないブログを読み続けても力はつきません。

  手法が分からなければ、

  「なぜ!?」そうなるのか分かりません!

  「なぜ!?」の部分が分かることで、より一層理解でき、

  確実にトレードスキルが向上します!

  何を定義に、何を根拠に

  サイクルスタート!サイクル終了に向けて下落スタートをしているのか!?

  ここが分からなければ、サイクル理論を使いこなせません!

  今回のレポートには、CMCでも公開していない

  天井・底シグナルも詰め込んでいます!

  私のFX経験8年の集大成となっている訳ですね!

  ブログの読者さんも1000人を超えて、

  より多くの方に届けたかったので、

  今回は販売という形ではなく、

  無料でお渡しできる形を作りました。

  無料なので、気軽に手に入れて下さい♪

作業も3分程度で終わります。

  FX ブロードネットは業界トップクラスでスプレッドが狭いので、

  おすすめの証券会社ですね!

  未公開の天井・底シグナルはコチラ↓↓
FXブロードネット

マネックス証券も業界最狭水準のスプレッドでオススメの証券会社ですね!

未公開の天井・底シグナルはコチラ↓↓
マネックスFX



FX,為替についての記事になります。

※当ブログは、サイクル理論に基づいて書いています。
サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。
 
サイクル理論を使って優位性のあるトレードをしてみませんか?

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)
 
相場のポイントを無料で配信しています。
※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。
 






おはようございます。
FX専業トレーダーのFX Nです!
FX Nの相場観をご覧頂きありがとうございます!
   

 

 

 

 

 

 

サイクル理論 トランスレーション編

 

トランスレーションって何なのか!?

 

それは、ズバリ!

 

サイクルの形状ですね!

 

サイクルの中心より、右側、左側でどちらで天井を付けるのか!?

 

これで、アップトレンドかダウントレンドを判断します。

 

 

 

アップトレンドの場合は、ライトトランスレーション!

 

ダウントレンドの場合は、レフトトランスレーション!

 

アップトレンドの場合は、天井の出現が遅いということです。

 

ダウントレンドの場合は、天井の出現が早いということです。

 

これトレードにおいて、かなり優位性があり、使えるでしょ!??

 

 

ライトトランスレーション、レフトトランスレーション

 

 

※フォーメーションみたいなものなので、どのサイクルでも同じ事です。

 

 
<ライトトランスレーション>
ooooooooooooooooooooo.png
日足チャートです。

 
チャートはメジャーサイクルを表しています。
ライトトランスレーションとは、アップトレンドを示す形です。

 
ライトトランスレーションはどういう形かと言うと、サイクルの半分の本数をセンター(画像で言うと15本)として、サイクルトップがセンターより右側にある形です。

 
ライトトランスレーション形成の場合、サイクルの起点を割らないのがセオリーです。

 

 

 
<レフトトランスレーション>
ppppppppppppppppppppppppp.png
日足チャートです。

 

 

チャートはメジャーサイクルを表しています。

 

 
レフトトランスレーションとは、ダウントレンドを示す形です。
レフトトランスレーションははどういう形かと言うと、サイクルの半分の本数をセンター(画像で言うと14本)として、サイクルトップがセンターより左側にある形です。

 

 
レフトトランスレーションの場合、サイクルの起点を割るのがセオリーです。

 

 
結果論で説明しているのでセンターが分かりますけど、リアルタイムだと「センターが分からない!!」と思っていらっしゃるのが大半だと思います。

 

 
これは検証して、レフトトランスレーションの場合は、天井がだいたい何本ぐらいに来る。

ライトトランスレーションの場合は、天井がだいたい何本ぐらいに来る。

というのを見つけていきましょう。

 

 
ここは割れない。ここは割れる。というのが分かるので、根拠のある損切りができますし、損切り貧乏にはなりにくくなります!

 

 
損切りラインの置き方1つ変えるだけで、勝ちトレードも増えるでしょう。

 

 

損切りは皆さんどこに置いてますか!?根拠のある所に置いていますか!?

 

 

”サイクル理論においての、損切りラインの決め方をお話します!”

サイクル理論④ 損切りラインの決め方

 

 
LINE@でトレードポイントや、サイクル理論、相場への考え方を配信しています。

FX NのLINE@登録はコチラ

 

 

 

スイングポジション一覧

サイクル理論とは!?

 

LINE@でトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
LINE@登録をすると、LINE@登録者限定で、私のトレードの基盤となる、サイクル理論のレポートを無料でプレゼントしています!

LINE@で質問等も承っております。

FX NのLINE@登録はコチラ

 
無料メルマガでトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
無料メルマガ登録者限定で、お金稼ぎについてのレポートをプレゼントしています!

◆無料メルマガ登録はコチラ


※LINE@とメルマガのレポートは別物になるので、 2つとも受け取って下さいね!

FX Nの日々のリアルタイム相場分析

※FX,為替のトレードによる注意事項

私のFX,為替相場に対する見解をサイクル理論に基づいて解説しています。

投資される際には、一切責任を負いませんので、自己責任でお願いします。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です