ファンダメンタルズ指標(FX,為替)

  
LINE@でトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
LINE@登録をすると、LINE@登録者限定で、私のトレードの基盤となる、サイクル理論のレポートを無料でプレゼントしています!
LINE@で質問等も承っております。

FX NのLINE@登録はコチラ

  
無料メルマガでトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
無料メルマガ登録者限定で、お金稼ぎについてのレポートをプレゼントしています!

◆無料メルマガ登録はコチラ


※LINE@とメルマガのレポートは別物になるので、 2つとも受け取って下さいね!


Twitterで相場の事などツイートしているので、フォローお願いします。

◆フォローはコチラ




CMCでも未公開の天井・底シグナルは手に入れましたか?

  私の手法のレポートは手に入れましたか?

  ブログを読んで頂いてる方には、是非読んで頂きたいです。

  その方が、ブログもより確実に理解できますし、確実にトレードスキルも向上します!

  ブログを読んで理解できないことがなくなるはずです!

  理解できないブログを読み続けても力はつきません。

  手法が分からなければ、

  「なぜ!?」そうなるのか分かりません!

  「なぜ!?」の部分が分かることで、より一層理解でき、

  確実にトレードスキルが向上します!

  何を定義に、何を根拠に

  サイクルスタート!サイクル終了に向けて下落スタートをしているのか!?

  ここが分からなければ、サイクル理論を使いこなせません!

  今回のレポートには、CMCでも公開していない

  天井・底シグナルも詰め込んでいます!

  私のFX経験8年の集大成となっている訳ですね!

  ブログの読者さんも1000人を超えて、

  より多くの方に届けたかったので、

  今回は販売という形ではなく、

  無料でお渡しできる形を作りました。

  無料なので、気軽に手に入れて下さい♪

作業も3分程度で終わります。

  FX ブロードネットは業界トップクラスでスプレッドが狭いので、

  おすすめの証券会社ですね!

  未公開の天井・底シグナルはコチラ↓↓
FXブロードネット

マネックス証券も業界最狭水準のスプレッドでオススメの証券会社ですね!

未公開の天井・底シグナルはコチラ↓↓
マネックスFX



FX,為替についての記事になります。

※当ブログは、サイクル理論に基づいて書いています。
サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。
 
サイクル理論を使って優位性のあるトレードをしてみませんか?

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)
 
相場のポイントを無料で配信しています。
※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。
 






おはようございます。
FX専業トレーダーのFX Nです!
FX Nの相場観をご覧頂きありがとうございます!
   

 

CPI(消費者物価指数)

 

CPI(Consumer Price Index)経済統計の一つで、消費者物価指数と訳されます。消費者が購入するモノやサービスの価格を調査して(個人)、総合的な物価の変動を時系列的に把握するための指数です。極めて重要な経済統計になります。

 

 

EMBI(エンビー)スプレッド

EMBI(エンビー)は、Emerging Market Bond Index の頭文字です。

エマージング諸国の債券利回り指数です。エマージング諸国の金利を総合的に見るために指数化したものです。

FFレート(Federal Fund Rate)は米国の政策金利です。FRBが誘導目標を決定します。FF金利ともいいます。

 

FOMC

FOMC(Federal Open Market Committee)は米国の政策金利であるFFレートの誘導目標を決める政府機関で、日本では連邦公開市場委員会と訳されています。

委員会は、FRBの理事全員とニューヨーク連銀総裁、および他の地区連銀総裁の中から交代で選ばれる4人の合計12人で構成されます。

議長はFRB議長、副議長はニューヨーク連銀総裁が勤めます。 

  FOMCは年8回開催されますが、金融市場が混乱し緊急対策を発動する必要に迫られたときは、臨時で開催されることもあります。

世界中の金融市場関係者が注目する、第一級の金融イベントと言ってよいでしょう。特に政策金利の変更が予想されている状況では、まさに固唾を飲んで結果発表が待たれます。

 

雇用統計

雇用統計とは就業者数や失業率に関する統計のことですが、FXで雇用統計と言えば米国の雇用統計をさします。

FRB(連邦準備制度理事会)が金融政策の決定にあたって最も重視する指標と言われ、為替市場での注目度は最高ランクです。

  米雇用統計は、労働省(U.S. Department of Labor)が毎月最初の金曜日に、ニューヨーク時間の午前8時30分に発表します(日本では米国がサマータイム(夏時間)なら21時30分、冬時間なら22時30分)。

前月分の統計を速報値として発表すると同時に、改定値、確定値を合わせて発表します。つまり2回にわたって修正が加えられるのですが、これが決して小さくありません。

 

 

 

政策金利

政策金利とは、各国の中央銀行が国全体の金利を調整するために、誘導のターゲットとしている金利のことです。日本の場合、以前は公定歩合でしたが、現在ではコール市場の無担保コール翌日ものが政策金利となっています。

   公定歩合は中央銀行が一般の銀行に貸し出しを行う際の金利です。

金利市場の自由化が進んでいない段階では、公定歩合によって中長期の金利までコントロールすることができました。

しかし自由化が進んだ結果、銀行間取引市場に直接参加して、金利を制御することが必要となっているのです。

日本だけでなく、主要国の政策金利は短期市場金利であり、これを操作することで中長期の金利水準をコントロールしています。

政策金利は為替相場に大きな影響を及ぼしますので、FXにおいて、最も重要な情報の一つです。先進主要国における政策金利は次の通りです。

 

 

 

ダウ平均

ダウ平均は米国の代表的な株価指数で、ウォールストリートジャーナル(経済新聞)やバロンズ(投資情報誌)を発行するダウ・ジョーンズ社が算出しています。

ダウ平均はダウ平均株価やニューヨーク・ダウとも言われますが、フルネームはダウ工業株30種平均(Dow Jones Industrial Average)。

ニューヨーク証券取引所に上場している代表的な銘柄30社の株価を加重平均したものです。

工業株と銘打っていますが、現在では必ずしも工業株だけというわけではありません。

スイングポジション一覧

サイクル理論とは!?

 

LINE@でトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
LINE@登録をすると、LINE@登録者限定で、私のトレードの基盤となる、サイクル理論のレポートを無料でプレゼントしています!

LINE@で質問等も承っております。

FX NのLINE@登録はコチラ

 
無料メルマガでトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
無料メルマガ登録者限定で、お金稼ぎについてのレポートをプレゼントしています!

◆無料メルマガ登録はコチラ


※LINE@とメルマガのレポートは別物になるので、 2つとも受け取って下さいね!

FX Nの日々のリアルタイム相場分析

※FX,為替のトレードによる注意事項

私のFX,為替相場に対する見解をサイクル理論に基づいて解説しています。

投資される際には、一切責任を負いませんので、自己責任でお願いします。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です