フィボナッチ(FX,為替)

  
LINE@でトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
LINE@登録をすると、LINE@登録者限定で、私のトレードの基盤となる、サイクル理論のレポートを無料でプレゼントしています!
LINE@で質問等も承っております。

FX NのLINE@登録はコチラ

  
無料メルマガでトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
無料メルマガ登録者限定で、お金稼ぎについてのレポートをプレゼントしています!

◆無料メルマガ登録はコチラ


※LINE@とメルマガのレポートは別物になるので、 2つとも受け取って下さいね!


Twitterで相場の事などツイートしているので、フォローお願いします。

◆フォローはコチラ




CMCでも未公開の天井・底シグナルは手に入れましたか?

  私の手法のレポートは手に入れましたか?

  ブログを読んで頂いてる方には、是非読んで頂きたいです。

  その方が、ブログもより確実に理解できますし、確実にトレードスキルも向上します!

  ブログを読んで理解できないことがなくなるはずです!

  理解できないブログを読み続けても力はつきません。

  手法が分からなければ、

  「なぜ!?」そうなるのか分かりません!

  「なぜ!?」の部分が分かることで、より一層理解でき、

  確実にトレードスキルが向上します!

  何を定義に、何を根拠に

  サイクルスタート!サイクル終了に向けて下落スタートをしているのか!?

  ここが分からなければ、サイクル理論を使いこなせません!

  今回のレポートには、CMCでも公開していない

  天井・底シグナルも詰め込んでいます!

  私のFX経験8年の集大成となっている訳ですね!

  ブログの読者さんも1000人を超えて、

  より多くの方に届けたかったので、

  今回は販売という形ではなく、

  無料でお渡しできる形を作りました。

  無料なので、気軽に手に入れて下さい♪

作業も3分程度で終わります。

  FX ブロードネットは業界トップクラスでスプレッドが狭いので、

  おすすめの証券会社ですね!

  未公開の天井・底シグナルはコチラ↓↓
FXブロードネット

マネックス証券も業界最狭水準のスプレッドでオススメの証券会社ですね!

未公開の天井・底シグナルはコチラ↓↓
マネックスFX



FX,為替についての記事になります。

※当ブログは、サイクル理論に基づいて書いています。
サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。
 
サイクル理論を使って優位性のあるトレードをしてみませんか?

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)
 
相場のポイントを無料で配信しています。
※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。
 






おはようございます。
FX専業トレーダーのFX Nです!
FX Nの相場観をご覧頂きありがとうございます!
   

フィボナッチとは

フィボナッチ(fibonacci)とは、人の名前です。
イタリアの数学者、レオナルド・フィボナッチが見つけた数学の法則、フィボナッチ数列というのがあります。

そのフィボナッチ数列をトレードに活かせないか?と誰かが思いついて色々と考えられたテクニックがフィボナッチトレード手法です。

まずは、フィボナッチ数列とはどういうものかに触れていきましょう。

フィボナッチ氏が思いついた、ある数字の並びがあります。

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233….

1番目と2番目の数字を合計すれば、3番目の数字になっています。

0 + 1 = 1
1 + 1 = 2
1 + 2 = 3
2 + 3 = 5
3 + 5 = 8

これが延々と繰り返される数列がフィボナッチ数列です。

最初のいくつかの数字を除き、ある数字と次に続く数字の関係を見てみると面白い関係にあります。
どの数字も次に続く数字の0.618倍となっているのです。
例えば、144 ÷ 233 = 0.618 となります。
これはどこを取ってもそうなっています。

また、ある数字と2つ後の数字を比べると別の法則があります。
どの数字も、2つ後の数字の0.382倍になっているのです。

この0.618倍、0.382倍というのを「黄金比率」や「フィボナッチ比率」と呼びます。
この比率をフィボナッチを使ったトレード手法で利用する事ができます。

FXでフィボナッチが使用できる根拠

正直ただの数学であり、なぜこんな法則がFXで使えると思ったのか?

勿論、根拠はあります。

まずは、自然界にあるものがフィボナッチ係数や黄金比率になっているという事です。
例えば、花弁の数や松ぼっくり等がフィボナッチになっています。

では、FXや株の市場の値動きはどうですか?
相場は、不特定多数の参加者の心理の集合体の結果として値動きしている現象にあります。
ある意味、自然現象と捉えて良いかもしれません。

相場に自然現象的な要素があるのであれば、チャートに現れる値幅の比率が黄金比率になってもおかしくないですね。
これがフィボナッチが使用できるという根拠になります。

FXで使用されるフィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントとは、押し目や戻しの比率のことです。
23.6%     38.2%     50.0%     61.8%     78.6%     100%

このパーセンテージがよく使用されます。

私もこのフィボナッチリトレースメントを使用した計算式を独自で作成し、サイクル理論に合わせた使い方で使用しています。

フィボナッチライン

フィボナッチラインは、サポートラインやレジスタンスラインを見極める為に使用されます。

世界中の多くのトレーダーがフィボナッチラインに注目し、そこにエントリーや決済をします。するとそこで価格が何らかの反応をしやすくなります。

フィボナッチのラインを世界中のトレーダーが意識しているので、そこがサポートラインやレジスタンスラインとして機能することが多くなります。故に、騙しが起こりやすくなります。

トレンド方向でのフィボナッチ

トレンド相場では、1.272倍・1.618倍2.618倍が良く使われます。
その中でも一番よくつかわれるのは1.618です。

使い方としては、エリオット波動理論に合わせて使うべきです。

 

スイングポジション一覧

サイクル理論とは!?

 

LINE@でトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
LINE@登録をすると、LINE@登録者限定で、私のトレードの基盤となる、サイクル理論のレポートを無料でプレゼントしています!

LINE@で質問等も承っております。

FX NのLINE@登録はコチラ

 
無料メルマガでトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
無料メルマガ登録者限定で、お金稼ぎについてのレポートをプレゼントしています!

◆無料メルマガ登録はコチラ


※LINE@とメルマガのレポートは別物になるので、 2つとも受け取って下さいね!

FX Nの日々のリアルタイム相場分析

※FX,為替のトレードによる注意事項

私のFX,為替相場に対する見解をサイクル理論に基づいて解説しています。

投資される際には、一切責任を負いませんので、自己責任でお願いします。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です