取引時間

  
LINE@でトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
LINE@登録をすると、LINE@登録者限定で、私のトレードの基盤となる、サイクル理論のレポートを無料でプレゼントしています!
LINE@で質問等も承っております。

FX NのLINE@登録はコチラ

  
無料メルマガでトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
無料メルマガ登録者限定で、お金稼ぎについてのレポートをプレゼントしています!
◆メルマガ登録はコチラ

※LINE@とメルマガのレポートは別物になるので、 2つとも受け取って下さいね!


Twitterで相場の事などツイートしているので、フォローお願いします。
◆フォローはコチラ


※1000万円以上稼ぎたい方必見!※クリック
↑↑クリック!FX Nも行っています!

CMCでも未公開の天井・底シグナルは手に入れましたか?


私の手法のレポートは手に入れましたか?

ブログを読んで頂いてる方には、是非読んで頂きたいです。

その方が、ブログもより確実に理解できますし、確実にトレードスキルも向上します!

ブログを読んで理解できないことがなくなるはずです!

理解できないブログを読み続けても力はつきません。

手法が分からなければ、

「なぜ!?」そうなるのか分かりません!

「なぜ!?」の部分が分かることで、より一層理解でき、

確実にトレードスキルが向上します!

何を定義に、何を根拠に

サイクルスタート!サイクル終了に向けて下落スタートをしているのか!?

ここが分からなければ、サイクル理論を使いこなせません!

今回のレポートには、CMCでも公開していない

天井・底シグナルも詰め込んでいます!

私のFX経験8年の集大成となっている訳ですね!

ブログの読者さんも1000人を超えて、

より多くの方に届けたかったので、

今回は販売という形ではなく、

無料でお渡しできる形を作りました。

無料なので、気軽に手に入れて下さい♪

第1弾レポート※サイクル理論 FX Nの手法



※未公開の天井・底シグナル入り

レポートはコチラ↓
FXブロードネット

【口座開設+初回3万円以上入金+1トレード】

レポートはコチラ↓
マネックスFX

【口座開設+10万通貨トレード】

※レポート受取り前に出金されると、レポートが配布されないので注意して下さい。

第2弾レポート※トレードの考え方・メンタル、お金の稼ぎ方



※未公開の天井・底シグナル入り



レポートはコチラ↓
アイネット証券

【口座開設+1万通貨トレード】

※レポート受取り前に出金されると、レポートが配布されないので注意して下さい。  




FX,為替についての記事になります。

※当ブログは、サイクル理論に基づいて書いています。
サイクル理論は、天井、底の時間帯を把握する手法です。
 
サイクル理論を使って優位性のあるトレードをしてみませんか?

4HC=4Hサイクル(4時間足)
MC=メジャーサイクル(日足)
PC=プライマリーサイクル(週足)
 
相場のポイントを無料で配信しています。
※私のブログのチャート画像は、〇→↓→〇で1つのサイクルとしています。
〇がボトムで、↓がトップになります。
 




おはようございます。
FX専業トレーダーのFX Nです!
FX Nの相場観をご覧頂きありがとうございます!
   

FXの取引時間は?

外貨預金や外貨MMFの取引は、その金融機関の営業時間中にしか購入も解約も受け付けてくれないところが多い(ネット銀行には、24時間受け付けてくれるところもある)です。

 しかし、為替相場自体は、土日や休日を除く124時間、世界中のどこかでマーケットが開いています。

言い換えると、日本の金融機関の営業時間外に、突発的な事件や事故が起きて、為替市場が大きく動く可能性があります。

そんな時、営業時間中しか取引できないと、爪を噛んで取引開始時間を待つしかありません。

 FXなら、インターネットで24時間いつでもリアルタイムのレートで取引する事ができます。

仕事が終わって帰宅してから、ゆっくり取引をする事もできます。

為替市場の時間と相場の傾向

<オセアニア時間>

6時~8時がオセアニア時間で、傾向としては、市場参加者が少なく、ほとんど値動きのない時間帯です。
しかし、ニュージーランドの経済指標が発表されたり、週末にニュースが出た場合、月曜日の早朝は乱高下する可能性がある時間帯です。

<東京時間>

8時~15時が東京時間で、傾向としては、日本やシンガポールの市場参加者が増えてくる為、ボラティリティが出てきます。

特に5と10の付く日は、ゴトー日と呼ばれ、米ドル買いが出やすく仲値の決まる9時55分までは米ドル/円が動きやすくなります。
しかし、10時を過ぎるとボラティリティが無くなり、穏やかな値動きになることが多いです。
オーストラリアや中国の経済指標の発表があるため、オセアニア通貨は比較的動きます。

<欧州時間>

15時~21時が欧州時間で、傾向としては、16時に欧州の株式市場が開く為、一気にボラティリティが出てきます。

この時間になると、欧州通貨が動き出し、ユーロ圏の経済指標の発表もあります。
しかし、19時になると欧州の方はお昼休みに入る為、落ち着いた値動きになります。
その為、短期的なトレンドの転換になる傾向があります。

<ニューヨーク時間>

21時~6時がニューヨーク時間で、傾向としては、アメリカの市場参加者が参入し、為替の値動きはピークを迎えます。

アメリカの経済指標が発表される為、かなり荒い値動きになることもあります。

東京の仲値に相当するロンドンフィックスが午前0時(冬時間の場合は、午前1時)に当たる為、月末になるとユーロやポンドはボラティリティが出てきます。

午前2時を過ぎると、欧州の株式市場が終了となる為、ボラティリティは無くなってきますが、夜中に要人発言があったり、アメリカの金融政策が発表される日もあるので、深夜に大きく動くことがあります。

 

 

・時間を駆使したトレード手法はコチラ

👉サイクル理論

スイングポジション一覧

 

LINE@でトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
LINE@登録をすると、LINE@登録者限定で、私のトレードの基盤となる、サイクル理論のレポートを無料でプレゼントしています!

LINE@で質問等も承っております。

FX NのLINE@登録はコチラ

 
無料メルマガでトレードポイント、サイクル理論での分析、考え方を配信しています!
無料メルマガ登録者限定で、お金稼ぎについてのレポートをプレゼントしています!

◆無料メルマガ登録はコチラ


※LINE@とメルマガのレポートは別物になるので、 2つとも受け取って下さいね!

FX Nの日々のリアルタイム相場分析

※投資による注意事項

私のFX,為替相場に対する見解をサイクル理論に基づいて解説しています。

投資される際には、一切責任を負いませんので、自己責任でお願いします。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です